【B1北海道】レバンガ・中野司が4連敗阻止を誓う。20日に秋田戦。

秋田戦に向けシュート練習する中野
秋田戦に向けシュート練習する中野

  B1・レバンガ北海道は20日、秋田戦(21日、北海きたえーる)に向け練習を公開。現在、チーム日本人得点王(平均10・5点)、3P成功数チーム最多(11本)と好調なSG中野司(23)が、4連敗阻止を誓った。

 前節のホーム島根戦(18、19日)では連敗も、中野は初戦12得点、2戦目13得点の活躍。「シュートタッチの感触がいい。秋田戦も積極的に狙いたい」。秋田の主力で平均11・2得点を挙げる元日本代表SG/SF古川孝敏(33)に対しても「ディフェンスでは、体をぶつける意識で封じ、今季ホーム初勝利に貢献したい」と闘志を見せた。

 18日には、今春、現役引退したレジェンド折茂武彦社長(50)の背番号9の永久欠番セレモニーも行われた。“ポスト折茂”候補に挙がる中野は「昨季まで一緒にプレーできたことを誇りに、まだまだ成長した姿を見せたい」と気合を入れた。

(小林 聖孝)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請