【仙台】MF道渕諒平、解雇 交際女性とトラブルDVか

J1仙台を解雇になった道渕
J1仙台を解雇になった道渕
道渕の契約解除までの経過
道渕の契約解除までの経過
深々と頭を下げて謝罪する仙台の(左から)渡辺取締役、菊池社長、丹治強化育成本部長
深々と頭を下げて謝罪する仙台の(左から)渡辺取締役、菊池社長、丹治強化育成本部長
道渕の年度別リーグ戦成績
道渕の年度別リーグ戦成績
道渕の今季リーグ戦成績
道渕の今季リーグ戦成績

 J1仙台は20日、この日発売された週刊誌でDVなど、交際女性とのトラブルを報じられたMF道渕諒平(26)と契約解除したことを発表。同日午後、本拠地のユアテックスタジアム仙台で菊池秀逸社長(68)、渡辺雅昭取締役(63)、丹治祥庸強化育成本部長(48)が会見。記事に、クラブが認知していない事実など、秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたと解雇に至った経緯を説明し、謝罪した。

 仙台の菊池社長は会見冒頭、「サポーターや株主、Jリーグにご迷惑をおかけし、深くおわびする。女性にも深くおわびしたい」と謝罪。道渕の契約解除に関し、クラブが認知していない事実があったと説明した。週刊誌には画面越しに包丁を持ち自殺をほのめかす写真や、メール、暴力の内容が掲載された。19日の深夜に道渕を事情聴取したところ、一部を認めた。渡辺取締役は「『大変申し訳ございませんでした』と謝罪していました」と明かした。

 クラブは8月14日、暴力被害を受けたタレントの女性の関係者から連絡を受け、トラブルを認識。同日、道渕を事情聴取したが「選手に(いつもと)違う行動があると、双方のプライバシーにかかわる」と15日の清水戦に出場させた。その後、警察の捜査が進んでいることを把握し、17日から自宅待機を要請。Jリーグにも報告した。

 9月5日になり、選手の弁護士から示談が成立したとの報告を受けた。7日に警察に任意同行されたが、同日午後に釈放。週刊誌報道にある逮捕について、クラブは「弁護士から逮捕状が執行された後、数時間後に釈放された。微罪処分と聞いている」と説明。クラブとしては「二度と同様の行為をしない」という誓約書、減俸などの処分を行い「示談が成立したため」(菊池社長)、8日からチームに復帰させ、20日のF東京戦から7試合連続出場していた。問題の公表については、両者のプライバシーに配慮して控えていた。

 道渕は17年、甲府に所属していたプロ1年目にも、別の知人女性への暴行容疑で7月に逮捕され、8月に不起訴処分となっていた。19年に仙台に加入し、同年J1リーグ戦25試合出場、5得点。推進力のあるドリブルを武器に今季も主力MFとして活躍。下部組織出身の選手で、チームポスターの中心に起用されるなど期待も大きかった。今後の対応について、菊池社長は「(自分も含めた)フロントの処分をこれから検討する」と話した。

 ◆道渕 諒平(みちぶち・りょうへい)1994年6月16日、仙台市出身。26歳。小学生時代は地元のなかのFCでプレー。中学からベガルタの下部組織に所属。明大に進学し、2017年に甲府に加入。19年に仙台へ完全移籍。J1通算42試合6得点、J2通算27試合2得点。177センチ、74キロ。利き足は右。

J1仙台を解雇になった道渕
道渕の契約解除までの経過
深々と頭を下げて謝罪する仙台の(左から)渡辺取締役、菊池社長、丹治強化育成本部長
道渕の年度別リーグ戦成績
道渕の今季リーグ戦成績
すべての写真を見る 5枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請