竹内涼真、来年5月開幕の初ミュージカル「ドキドキ」舞台初主演でダンスも初挑戦

17歳(左)と35歳の主人公を演じる竹内涼真
17歳(左)と35歳の主人公を演じる竹内涼真

 俳優の竹内涼真(27)が、ミュージカル「17 AGAIN」(来年5月16日~6月6日、東京建物BrilliaHALL)に主演することが20日、発表された。竹内にとって初のミュージカルで、舞台初主演となる。

 2009年に世界累計約140億円の興行収入を記録した、バー・スティアーズ監督の同名映画が原作。負け組の人生を甘んじて受け入れていた、2人の子供を持つ父親(竹内)が、バスケットボールで将来有望だった17歳の姿に戻り、もう一度人生をやり直そうとするコメディー作品。今回が世界初の舞台化で、27歳の竹内は17歳と35歳の主人公を演じ分ける。

 13年にデビューし、「仮面ライダードライブ」(テレ朝)や「ひよっこ」(NHK)、「陸王」「テセウスの船」(TBS)など主にドラマで活躍してきた竹内はダンス初挑戦。歌はテレビCMや、所属事務所の大先輩の和田アキ子が主催した「WADA FES(ワダフェス)」で披露しているが、ミュージカルの経験はない。劇中ではポップでロックな15曲を3時間出ずっぱりで歌う。初ものづくしの挑戦に竹内は、「映像作品とは違った濃密な期間を過ごすことになると思うので、ドキドキしています」と意気込む。

 歌は去年の9月から、ダンスは今年の6月から特訓中。理想の歌声を目指し、腹式呼吸、体幹や腹筋を中心に肉体改造にも取り組む。来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜・後10時半)の主演も控え、タイトなスケジュールとなるが、「死にもの狂いで稽古をして、お客様の前で自分も楽しめるようにしっかり準備したいと思います」と気合がみなぎる。

 「ミス・サイゴン」「RENT」など数多くのミュージカルに出演する女優ソニン(37)が、主人公の妻役として竹内を支える。竹内とは初共演だが、「誠実なイメージ。17歳に戻った時にどう演じるか私も楽しみにしています」と意気込んだ。お笑いタレントのエハラマサヒロ(38)、女優の桜井日奈子(23)も出演する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請