【DeNA】大貫晋一、自身初の2ケタ勝利はお預け 6回逆転され降板

6回無死一塁、ビシエドに左中間へ勝ち越しとなる適時二塁打を浴び、マウンドでじっと手を見るDeNA先発・大貫晋一
6回無死一塁、ビシエドに左中間へ勝ち越しとなる適時二塁打を浴び、マウンドでじっと手を見るDeNA先発・大貫晋一

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日―DeNA(20日・ナゴヤD)

 DeNAの大貫晋一投手(26)が6回、先頭から3連打で2点を奪われ逆転を許し降板。2ケタ勝利は次回以降にお預けとなった。

 初回、オースティンのソロで先取点をもらったが、この日は毎回のように走者を許すなど、いつもに比べ制球が安定しなかった。それでも要所を締め5回まで無失点と粘投。

 しかし5回、先頭の京田に右翼フェンス直撃の二塁打。続く阿部の中前適時打で同点とされた。さらに、ビシエドには左中間へ適時二塁打。勝ち越しを許しマウンドを下りた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請