【巨人】3点ビハインドの7回に山本のタイムリースリーベースなどで同点も 8回に勝ち越され、勝利ならず 2軍ヤクルト戦

巨人2軍は20日、ヤクルトと対戦し、惜しくも敗れた
巨人2軍は20日、ヤクルトと対戦し、惜しくも敗れた

◆イースタン公式戦 ヤクルト6―5巨人(20日・戸田)

 巨人2軍は20日、ヤクルトと対戦し、惜しくも敗れた。

 4回無死満塁、香月が先制の2点中前適時打を放った。先発のディプランは、5回2/3を投げて6安打2四球3奪三振で、4失点だった。

 右腕は5回までヤクルト打線を1安打に抑えていたが、2点リードの6回に5安打を浴びるなど4点を奪われ、逆転された。ディプランに代わり、2番手として登板した藤岡は、押し出しの四球でさらに1点を与えた。

 打線は3点を追う7回に八百板の左越え7号ソロと山本の左翼への2点適時三塁打で3点を入れて、同点とした。

 同点の8回に、4番手の田中優が無死一、三塁のピンチを招き、ラモスに交代。ラモスは2死二、三塁までこぎつけたが、暴投で1点の勝ち越しを許した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請