【西武】元守護神・高橋朋己が現役引退を表明…育成再契約からの復活はならず

元守護神の左腕・高橋朋己が現役引退を表明
元守護神の左腕・高橋朋己が現役引退を表明

 西武の高橋朋己投手(31)が20日、所沢市内の球団事務所で会見し、今季限りでの現役引退を表明した。

 静岡・加藤学園高から岐阜聖徳学園大、西濃運輸を経て、2012年ドラフト4位で西武に入団。14年に29セーブ、15年に22セーブを挙げたが、16年7月に左肘内側側副じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。

 17年のシーズン最終盤に復帰を果たしたが、18年は左肩違和感を訴え、1試合の登板にとどまり、同年10月に戦力外通告。育成選手として契約を結んで復活を目指していたが、かなわなかった。

 通算160試合に登板し6勝5敗52セーブ、防御率2・74。強心臓でライオンズの9回を担ったクローザーが、ユニホームを脱ぐ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請