ENEOSの150キロ左腕・藤井聖、アニメ「MAJOR」に憧れて…26日ドラフト会議

ブルペンで力強いボールを投げ込むENEOS・藤井
ブルペンで力強いボールを投げ込むENEOS・藤井
ENEOS・藤井のチャート
ENEOS・藤井のチャート

 プロ野球のドラフト会議が26日、都内で行われる。静岡県関連の目玉は最速148キロを誇る静岡商・高田琢登投手(3年)。小学生時代から磨き続けてきたクロスファイアーを武器とする左腕は、父でもある晋松監督(50)にプロ入りで恩返しする。155キロ右腕の上武大・佐藤蓮(4年)=飛龍高出=、同じく150キロの直球を持つ左腕のENEOS・藤井聖(24)=富士市立高出=にも注目が集まる。(武藤 瑞基、内田 拓希、小山内 彩希)

 ベビーフェースとは裏腹な“えぐい”ボールを持つ左腕が、プロへの切符をつかみ取る。最速150キロを誇るENEOS・藤井は「ありがたいことに(ドラフト候補として)名前を挙げていただいている。上位で指名していただけたら」と運命の日を見据えた。

 趣味はアニメを見ること。「MAJOR」の茂野吾郎や「ダイヤのA」の沢村栄純ら主人公左腕と自らを重ね合わせてきた。「高校に入る時は茂野吾郎にめちゃくちゃ憧れてて、親に頼んで投手用のグラブを買ってもらいました」。神奈川・瀬谷リトルシニア時代は現楽天の鈴木翔天がエースに君臨しており、自身は外野手。富士市立入り後念願の投手に転向し、3年夏の藤枝東戦では18奪三振でノーヒットノーランを達成した。「覚えてます。一番いい投球ができた」と笑った。

 東洋大では現DeNA・上茶谷大河、ソフトバンク・甲斐野央、中日・梅津晃大ら粒ぞろいの同期にもまれた。「人生が変わった4年間。同級生と競い合って、いい相乗効果がありました」。チャンスをもらえない時期は上茶谷と「絶対諦めないで頑張ろう」と励ましあった。未勝利に終わったが、球速は高校時代の138キロから150キロまで伸び、都市対抗11度の優勝を誇る社会人の名門・ENEOSから声がかかった。

 昨年10月にはアジア選手権で社会人代表の侍ジャパンに招集され、3戦5回無安打無失点10K。自身初となる国際経験を積んだ。同12月には元近鉄の大久保秀昭氏(51)がENEOSの監督に復帰。入社1年目ながら「お前がエースだ」と直々に指名され「自覚、責任感が芽生えた」。都市対抗予選では2戦8回1/3を3安打自責0に封じ、チームを5年ぶりの本戦出場に導いた。「自分の持ち味は強気。打てるものなら打ってみろという気持ちで投げてます」。国内最高峰の舞台にはばたく準備は整った。

 ◆藤井 聖(ふじい・まさる)1996年10月3日、神奈川・海老名市生まれ。24歳。海老名フレンズ、瀬谷リトルシニアでプレーし、同シニアの先輩の誘いを受け富士市立入り。東洋大を経て、19年にENEOS入社。176センチ、78キロ。左投左打。家族は両親と兄。座右の銘は、母から教わった「人間万事塞翁が馬」。

ブルペンで力強いボールを投げ込むENEOS・藤井
ENEOS・藤井のチャート
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請