【eスポーツ】『ぷよぷよ』全国大会の概要発表 完全オンラインで11月28日からブロック大会、12月27日決勝

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」

 セガは19日、同社が展開するパズルゲーム『ぷよぷよ』の全国大会「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020」の概要を発表した。同大会は11月28日から全国7ブロックで行われ、選出された各地域の代表選手は12月26、27日にオンラインで開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA ぷよぷよ部門」に進出して日本一の座を争う。

 同大会は当初、鹿児島国体の文化プログラムとして予定されていたもの。新型コロナウイルスの影響により国体は中止され、独自のeスポーツ大会として開催を模索していた。

 予定変更に伴い、大会はすべてオンライン開催となり、「小学生の部」は中止。「一般の部」のみの開催となるが、出場資格を満たせば小学生も参加できる。

 出場資格などレギュレーションに関しては、出場エントリーが開始される10月23日に発表される。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請