橋下徹氏、福島第一原発の処理水海洋放出問題に「ちゃんと処理をしたものを流すと言っておけば…」

橋下徹氏
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が19日、TBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)に生出演した。

 番組では、政府が福島第一原発の処理水を海に放出を行う方針を固め、10月中にも正式決定する予定であることを報じた。

 処理水が放出された場合について橋下氏は「風評被害って福島の方はみんな言われるでしょ」と危惧した上で「でも、風評被害って誰が一番の根本原因かというと、我々を含めたマスメディアなんですよ。もし危険性が本当にあるのであれば、絶対に止めないといけません」と指摘した。

 「今、一部のタンクにはきちんと放射性物質を取り除けていない水がありますから、今の段階では汚染水が貯蔵されている一部もあるんです」とし、「今は処理をしたので、きちんと基準を満たした水もある。汚染水も一部あるけど、汚染水をそのまま流すわけじゃない」と説明した。

 そして「きちんと放射性物質を取り除いて、処理をしたものを流すというのに、いろんな情報番組でも『汚染水の海洋放出』。これは本当にメディアの責任ですよ。ちゃんと処理をしたものを流すと言っておけば、国民の意識も変わったと思う」と改めて報道の重要性を訴えた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請