【湘南】採点&寸評…劇的逆転勝利!3点に絡んだ岡本拓也、決勝点の石原直樹ら高評価

湘南の先発布陣
湘南の先発布陣

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第23節 湘南3―2柏(18日・BMWスタジアム)

 湘南は柏を3―2で下し、7試合ぶりに白星をつかんだ。前半4分、DF岡本拓也のゴールで先制に成功すると、1―2の後半33分にMF松田天馬が同点弾。同36分に岡本のクロスをこの日がJ1通算300試合目の出場となったFW石原直樹が押し込み、ホームで劇的な勝利を挙げた。

 採点と寸評は以下の通り。

浮嶋敏監督【6・5】先行逃げ切りはできずも、選手交代でギアチェンジし鮮やかかつ泥臭く逆転。底力を感じる1勝だが大事なのは継続

GK谷晃生【6・5】失点シーンはオルンガに屈したが、その他のシーンは無難に確実に。終了の笛と同時にピッチに倒れ込む、その1

DF舘幸希【6・0】2失点目に絡むミスで1・0点減点、スーパークリアで1・0点加点。堅守は光らずも闘守が光る。終了の笛と同時にピッチに倒れ込む、その2

DF坂圭祐【6・5】破壊力抜群の2トップ相手に、先に飛ぶ、先に走るなど先手必勝姿勢でうまく対応

DF大野和成【5・5】CKでオルンガに振り切られて失点。主にクリスティアーノを担当した流れの中では高い集中力をみせる

MF金子大毅【5・5】ああいう試合展開でこそ持ち味を出したい。攻撃面で今ひとつ目立てず

MF茨田陽生【6・0】時を止めるスルーパスで岡本弾をアシスト。ミスもあったが前線とDFラインをうまくつないだ

MF田中聡【6・0】18歳らしさを前面に出しつつ、要所ではしっかり大人っぽさもみせた

MF岡本拓也【7・0】1ゴール1アシスト1アシストのアシスト。終了の笛と同時にピッチに倒れ込む、その3。MOM

MF畑大雅【6・0】迫力満点の裏抜けなど規格外感は随所に。後半48分の時間稼ぎ交代時に走ってピッチを後にしようとし、ベンチを慌てさせる

FW石原直樹【7・0】決勝点。ボールウォッチャーの相手守備陣をあざ笑うポジショニングから確実に豪快にダイビングヘッド。仕事人感がすごい

FWタリク【6・0】オルンガ超えの両チーム最多4本のシュート。もう少し起点になりたいところ

MF松田天馬【6・5】後半17分IN。前例にとらわれない姿勢で斉藤とともに投入直後から試合展開を刷新。貴重な同点弾も。河野大臣もきっとご満悦

MF斉藤未月【6・0】後半17分IN。センターバックのクリアボールをうまく拾う

FW岩崎悠人【―】後半39分IN。出場時間短く採点なし

FW指宿洋史【6・5】後半39分IN。出場時間短く採点なし、とは言い切れない。献身で時計の針を進める

DF石原広教【―】後半48分IN。出場時間短く採点なし

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ(採点・岡島 智哉=遊軍担当=)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請