宮市亮のザンクトパウリ、ホームゲームが赤字危機に

宮市亮
宮市亮

 ビルト紙によれば、19日に行われるドイツ・ブンデスリーガ2部のザンクトパウリ対ニュルンベルク戦で、ザンクトパウリが赤字を出すことになりそうだ。現在ドイツ中で新型コロナウイルスの感染者が再び増加傾向にあり、ザンクトパウリのホームタウン・ハンブルクも例外ではない。そのため19日の試合では、本来29546人収容可能なミレントアスタジアムにわずか1000人の観客しか入場できない。1枚15ユーロ(約1800円)のチケットが1000枚売れたところでわずかに1500ユーロ(約180万円)の収入にすぎず、場内係員や、チケット販売員、スタジアム清掃の費用が捻出できないという。少なくとも4000人から5000人が入場してやっと小さな黒字が出るので、残念なことに、現状ではゴーストゲーム(無観客試合)のほうが安上がりなのだ。

 コロナ禍の入場制限でチケット収入が激減する中、各クラブは通常とは違う困難に直面している。ドイツ・ブンデスリーガといえば満員のスタジアムで盛り上がっているのが常だった。早くそんな日常が戻ってくるために、ファンもクラブも我慢の時が続いている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請