永里優季、神奈川2部で男子Lデビュー「この一歩を大切にして、前に進んでいけるように」

神奈川県2部リーグの試合に男子チーム「はやぶさイレブン」から出場した女子元日本代表の永里優季(右)
神奈川県2部リーグの試合に男子チーム「はやぶさイレブン」から出場した女子元日本代表の永里優季(右)
国内のサッカーリーグのカテゴリー
国内のサッカーリーグのカテゴリー
永里優季
永里優季

 元なでしこジャパン代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に加入した永里優季(33)が18日、神奈川・平塚市でのリーグ戦・山王FC戦に途中出場し、男子チームでデビューを果たした。永里は「自分がステップアップできる大事な一歩。この一歩を大切にして、前に進んでいけるように頑張りたい」とうなずいた。

 移籍による登録の関係で、この日の開幕3戦目で初めて出場可能になった。2―1の後半40分に待望の瞬間を迎えた。湘南などでプレーした兄のFW源気(34)が先発出場しており、プロとして初めて同じピッチに立った。後半ロスタイムには自身のパスが絡んで兄がダメ押しの3点目を決め、劇的に“お祝い”された。約8分間の出場で3―1の勝利に貢献。「出場時間は短かったが、ボールに関わる回数もそれなりにあった。イメージしていたようなプレーが出せた」と手応えを口にした。

 2011年女子W杯優勝や12年ロンドン五輪銀メダルに貢献した永里は、9月に米女子プロリーグNWSLのレッドスターズから期限付きで移籍。女子のトップ選手としては異例の挑戦を表明し、9月の入団会見の際には「男性のチームに入って女性も挑戦できるんだというメッセージを伝えたい」と力を込めていた。

 ◆はやぶさイレブン 2019年1月、神奈川・厚木市を拠点とする地域密着の総合型スポーツクラブ「SCDスポーツクラブ」が、Jリーグ参入を目指すサッカー部門のトップチームとして設立した。昨季に神奈川県3部に参入し、今季は同2部に昇格。監督は元浦和MF阿部敏之氏(46)。主な所属選手は元日本代表FW永井雄一郎(41)。

神奈川県2部リーグの試合に男子チーム「はやぶさイレブン」から出場した女子元日本代表の永里優季(右)
国内のサッカーリーグのカテゴリー
永里優季
すべての写真を見る 3枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請