【関西学生】巨人ドラ1候補の近大・佐藤輝明リーグ新の14号…先輩・二岡智宏超え22年ぶり記録更新

11回無死一、二塁、近大・佐藤が右越えにリーグ新記録となる通算14号の決勝3ランを放つ
11回無死一、二塁、近大・佐藤が右越えにリーグ新記録となる通算14号の決勝3ランを放つ
主要大学リーグの個人通算本塁打記録
主要大学リーグの個人通算本塁打記録

◆関西学生野球秋季リーグ戦 ▽第6節 近大9―7関大(18日・ほっともっとフィールド神戸)

 巨人などのドラフト1位候補に挙がっている近大・佐藤輝明三塁手(4年)が、関大戦でリーグ通算14本塁打の新記録(1982年発足の新リーグ)を樹立した。タイブレークの延長11回に決勝3ランを放った。近大は勝率で首位に浮上した。

 佐藤が偉業を打ち立てた。タイブレークの延長11回、無死一、二塁から右越えに決勝3ラン。OBの巨人・二岡智宏3軍監督の記録を22年ぶりに塗り替え「偉大な先輩なので更新できてうれしい。打ちたい、勝ちたい、の積み重ね」と2試合連続アーチに興奮気味。これまでの記念球は「ロッカーに眠っている」と無頓着だったが、初めて父・博信さん(53)に手渡した。

 7球団のスカウトが視察した中で、それまでの5打席は無安打2三振1申告敬遠。ドラフト1位指名を公表したオリックスの下山スカウトは「自分の一打で勝ちにつなげる。そういう星の下にある」とゾッコン。巨人の渡辺スカウトも「新記録を見られてよかった」と高評価は不変と強調した。

 この日は両親、祖父母、兄弟ら家族9人が来場。野球を始めたきっかけで仙台から駆けつけ今季初観戦した祖父・勲さん(81)は「最後に打ってくれてよかった」と感慨深げだった。チームも勝率で首位に浮上。「最後だけですけど(家族に)いいところを見せられてよかった」と佐藤。プロ野球選手という祖父の夢を、間もなくかなえる。(伊井 亮一)

11回無死一、二塁、近大・佐藤が右越えにリーグ新記録となる通算14号の決勝3ランを放つ
主要大学リーグの個人通算本塁打記録
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請