【巨人】マルチな田中俊太…2戦連続複数安打&今季から挑戦外野でプロ初先発、直近5戦打率は.462

3回1死一、二塁、中前適時打を放つ田中俊太(カメラ・中島 傑)
3回1死一、二塁、中前適時打を放つ田中俊太(カメラ・中島 傑)
田中俊の直近5試合の打撃成績
田中俊の直近5試合の打撃成績

◆JERAセ・リーグ DeNA10―6巨人(18日・横浜)

 真芯で捉えた打球がセンターへ抜けると、田中俊は一塁ベース上で笑みを浮かべ、ベンチに向かって両手を突き上げた。2点リードの3回1死一、二塁。上茶谷の高めに浮いたスプリットを仕留めてタイムリーとし「追加点につながって良かったです」。4試合連続となるヒットで畠を援護した。

 5回先頭では遊撃・大和のグラブをはじく痛烈な当たりで左前へ運び、2戦連続のマルチ安打をマーク。その後1死一、三塁から畠がバントした打球は上茶谷とロペスの間に転がった。三塁走者だった田中俊は塁間で一度止まりかけたが、打球の行方を確認すると再加速してホームイン。4点目を足でもぎ取った。

 今季は開幕1軍入りを果たすも2度の登録抹消。ファームでは村田2軍野手総合コーチの「強く遠くに飛ばせるボールを絞って選択して、それをはじき返せるようにならないと」との助言を受け、振り込んできた。9月13日に再昇格後はその成果をいかんなく発揮。直近5試合でも4度のスタメン出場で13打数6安打の打率4割6分2厘、3打点と勢いが止まらない。

 本職は内野で主に二塁を守るが、この日はプロ初となる左翼で先発した。1軍での出場機会を増やすため今季から外野にも挑戦。14日の広島戦(東京D)からは3試合続けて一塁で先発するなど、守備でもマルチな活躍を続けている。シーズン終盤につかんだチャンスに、必死に食らいついていく。(河原崎 功治)

試合詳細
3回1死一、二塁、中前適時打を放つ田中俊太(カメラ・中島 傑)
田中俊の直近5試合の打撃成績
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請