【巨人】勝てる投手へ 畠、先頭を全力で抑えろ…村田真一の眼

7回無死一、三塁、マウンドを降りる畠世周(中央)(カメラ・中島 傑)
7回無死一、三塁、マウンドを降りる畠世周(中央)(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA10―6巨人(18日・横浜)

 巨人がDeNAに大逆転負けを喫した。5点リードの7回、それまで無失点だった先発の畠が突如乱れ、1死も奪えずに降板すると、代わった高梨が梶谷に痛恨の逆転満塁弾を被弾した。中日が広島に敗れたため優勝マジックは1つ減って「7」。最短Vは23日となった。

 6回を終わった時点で、私がどんな気持ちでいたか教えよう。「これで畠は日本シリーズで第3の投手か…」。そんな思いが数分後に吹き飛んだ。

 畠にはもったいない試合になった。しかし、勝ち星を手放した原因は自らにもある。7回、ロペス、ソトに連打、柴田に痛烈な内野安打を打たれて交代した。

 「勝てる投手」は点差がどれだけあろうと、回の先頭打者を全力で抑えにいく。畠は早打ちのロペスへの初球、どんな気持ちで投げたのだろうか。

 さらに、ストレートが好きな柴田にも初球の甘く入ったストレートを痛打された。ストレートの選択が間違いではない。投げるなら、もう少し丁寧さが欲しかった。

 6回まで75球。ベンチとすれば、中継ぎ陣を休ませるチャンスだ。最低でも7回、うまくいけば8回まで続投してもらいたいという思惑があったと思う。

 70~80球で疲れるような展開にもなっていない。6回を3人で片付けた時点で、私は「すんなり終わる」と確信した。それが…。吉川尚のミスもあった。追いついたのだから、最低1つのアウトを取らないと…。1死を取っていれば、畠の交代はなかったかもしれない。しかし、それにしても7回に突然甘くなった制球。畠には踏ん張りを見せてもらいたかった。(スポーツ報知評論家)

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請