河本力、まさかスタート前に2罰打で3差5位「きちんとリプレースできていなかった」

1番、パットに臨む河本はボールをリプレースする(代表撮影)
1番、パットに臨む河本はボールをリプレースする(代表撮影)

◆男子プロゴルフツアー国内メジャー第1戦 日本オープン最終日(18日、千葉・紫CCすみれC)

 1差2位で出た18年大会覇者・稲森佑貴(26)=フリー=は、安定したショットを軸に2バーディー、1ボギーの69をマーク。通算5アンダーで、2年ぶりの大会&ツアー2勝目をつかんだ。2月22日に結婚した記念の年に、「好きな数字」という「2」にまつわる最終日逆転劇を演じた。初出場の河本力(りき、20)=日体大3年=は第3ラウンド(R)の13番で2罰打が科され、93年ぶり2人目のアマチュア優勝は逃したが、2アンダーの5位で初のローアマを獲得した。

 1差2位から1927年の赤星六郎以来、大会2人目のアマVを目指した河本は、スタート前にまさかの2罰打を受けて3打差3位へと後退した。日本ゴルフ協会の競技委員によると、第3Rの13番パー4の6打目のパットの際にボールマークよりも、カップ方向へ3センチ近づけてリプレースしていたという。「ゴルフ規則14・7 誤所からのプレー」に違反し2罰打となった。

 河本は、最終Rスタート前に会場内で競技員とともに映像で検証。「僕が子供であのホールは気持ちが高ぶっていたのもあって、気づかずに、きちんとリプレースできていなかった。納得しています」と陳謝した。抜群の飛距離とショットを武器に70で回り、ローアマを獲得。「学生のうちに日本ツアーで勝てる実力はつけたい」と、日本ツアー1勝の姉・結(22)に続く、姉弟Vへの再挑戦を誓った。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請