【巨人】原監督 4失点の桜井俊貴に「変化球ピッチャーじゃ桜井の良さはない」

8回2死三塁、梶谷隆幸に右越え2ランを打たれた桜井俊貴
8回2死三塁、梶谷隆幸に右越え2ランを打たれた桜井俊貴

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA10―6巨人(18日・横浜)

 巨人が5点差逆転負けを喫して連敗となった。

 5―0の7回、畠が1点を失い、なお無死一、三塁で高梨に継投したが、代打の代打・伊藤光の適時打、戸柱への四球の後、梶谷の逆転満塁本塁打でこの回計6失点してひっくり返された。

 5―6と1点ビハインドの8回には、先発から救援に役割が変わった桜井が登板したが、2死から4連打で4失点。最後は梶谷に2打席連発となる2ランを浴びた。

 原監督は「もうちょっと真っすぐが走らないとね。変化球ピッチャーじゃ桜井の良さはないね」と直球の質を課題に挙げた。

 宮本投手チーフコーチは同じく先発から救援に役割が変わり、この日7回1死一塁から登板して佐野を一ゴロ併殺に抑えた田口とともに、桜井にはリリーフとして期待を寄せる。「田口、桜井がしっかりやればリリーフの厚みは増す。田口は成功して、桜井はまた次にといったところでしょう。別に桜井の評価も私の中では下がっていないです」と次回以降の奮起を求めた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請