馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

【秋華賞】松山弘平騎手のちょっといい話…「もっと天狗になっていいんだよ」

デアリングタクト(松山弘平騎手)が史上初の無敗での牝馬三冠を達成(カメラ・高橋 由二)
デアリングタクト(松山弘平騎手)が史上初の無敗での牝馬三冠を達成(カメラ・高橋 由二)

◆第25回秋華賞・G1(10月18日、京都・芝2000メートル、稍重)

 牝馬3冠最終戦、第25回秋華賞・G1が18日、京都競馬場で行われた。単勝1・4倍と圧倒的な支持を受けたデアリングタクトは最後の直線で抜け出し、1馬身1/4差をつけて人気に応え、史上初となる無敗で、史上6頭目となる牝馬3冠を達成した。快挙に導いたのは、5戦全てでコンビを組む松山弘平騎手(30)=栗東・フリー=。無敗タッグの今後には、さらなる夢が広がる。

 松山のデアリングタクトをねぎらう言葉が好青年ぶりを表している。「馬が頑張ってくれて、馬におめでとうと言いたい」。騎乗馬を含め、周囲に感謝する姿勢は昔からだ。デビュー先の池添兼厩舎には、トップジョッキーとなった今でも頻繁に顔を出す。池添兼調教師は「今の子にしては珍しいくらい真面目だよ」と目を細める。

 新人の時から知る同厩舎のスタッフも絶賛する。坂井助手が「人間性が本当に立派。『もっと天狗(てんぐ)になっていいんだよ』と言いたいくらい昔から変わらない」と感心すれば、土屋助手は「人気のない馬でも最後までしっかり乗ってくれる。やっぱり一頭一頭やっているスタッフからしたらうれしいよね」と普段の騎乗姿勢も素晴らしい。牝馬3冠ジョッキーとなっても変わらず、皆から愛される存在で居続けるに違いない。(牟禮 聡志)

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請