【G大阪】○○○○○○△○8戦無敗!敵地で宇佐美→パトリック弾の1点死守!ACL圏へ視界良好

パトリック
パトリック

◆明治安田生命J1リーグ第23節 大分0―1G大阪(18日・昭和電工ドーム大分)

 G大阪がコーナーキックから途中出場のFWパトリック(32)が奪った1点を守り切り、2試合ぶりの勝利をつかんだ。大分に主導権を握られる展開の中、後半27分にこちらも途中出場したFW宇佐美のCKを、パトリックが豪快にヘッドで合わせて先制。この1点を全員が体を張った守備で守り切り、8試合負けなし(7勝1敗)とした。

 後半開始からの出場となったパトリックは「特にきょうは宇佐美選手のボールが素晴らしかった」と好アシストの“相棒”に感謝した。チームが10月の5試合で奪った7ゴールは、すべてFWがマーク。渡辺が3点、パトリックが2点、宇佐美、アデミウソンが1点と、強力な4人のFW陣が先発、サブと入れ替わりながら結果を出している。

 この日は渡辺&アデミウソンが先発し、パトリック&宇佐美で仕上げ。「4人がどのペアで出場しても、チームのためにきっちり仕事をすることが徹底できている」とパトリック。守備陣でも右足首に不安のあるDF昌子がベンチ外となった中で、代役のDF菅沼が安定したプレーを見せ、DF高尾の好ブロックなどもあって完封。15年以来となるACL圏内(3位以内)に向け、苦しい試合も勝ち切る粘り強さが出てきた。(金川 誉)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請