【東北】仙台育英、連覇へ王手 エース伊藤樹が大会初登板「ねじふせてやろうと」6回0封

力投する仙台育英のエース・伊藤
力投する仙台育英のエース・伊藤

 ◆高校野球秋季東北大会第4日 ▽準決勝 仙台育英 1―0 花巻東(18日・石巻市民)

 準決勝が行われた。仙台育英(宮城)はエースの伊藤樹投手(2年)が4回から2番手で今大会初登板し、4安打無失点。花巻東を1―0で下し、連覇へ王手をかけた。来春センバツの東北地区一般選考枠は2で、20日の決勝に進んだ柴田(宮城)との2校は出場に大きく前進した。

 最後まで冷静だった。1点リードで迎えた9回2死一塁。最後の打者を空振り三振に仕留めた仙台育英のエース・伊藤は木村航大捕手(2年)と笑顔でハイタッチを交わした。2番手で登板し、6回を4安打0封。最後の9回は3三振を奪う内容に「ねじふせてやろうという強い気持ちで投げた」と手応えをにじませた。

 指揮官の描いたシナリオ通りだった。「東北大会を前半と後半に分けて考えていた」と須江航監督(37)。投手の球数制限なども考慮し、準々決勝までの2試合を前半、準決勝と決勝を後半と位置づけた。「前半戦」はあえて伊藤を温存し「後半戦」の初戦から投入した。

 今大会初登板に「感覚のズレがあった」と伊藤。それでも打者の反応を見ながら配球し、花巻東を2投手で無得点に封じた。大会V2へ王手をかけたが、気は緩めない。「まだ何も終わってない」と指揮官。柴田との決勝戦へ向け、気持ちを引き締めていた。(高橋 宏磁)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請