【Bリーグ】レバンガ北海道3連敗、リバウンドに課題

3連敗に肩を落とすレバンガ
3連敗に肩を落とすレバンガ

◆B1リーグ第3節 レバンガ北海道80―84島根(18日、北海きたえーる)

 レバンガ北海道は島根に80―84で敗れ、3連敗を喫した。

 一時は最大14点差のリードを許したが、残り2分から2本連続の3ポイントシュートなどで猛追。残り40秒に2点差まで詰める粘りを見せたが追いつくことはできなかった。リバウンド数は33本に対して相手は44本。宮永雄太HC(39)は「リバウンドで大きく差が出てしまったのが今後の課題。(追い上げは)今後につながるが結果が全て」と淡々と振り返った。

 今季最多となる19得点と気を吐いたPFジャワッド・ウィリアムズ(37)は「自分たちが盛り上がらないといけない場面でそれができなかった。悔やまれる」と話した。次戦は中2日でホーム秋田戦(21日・北海きたえーる)に臨む。(西塚 祐司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請