馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G2
全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 新潟

【菊花賞】コントレイル無敗3冠そして、G1最多8勝がノーズヒルズ前田幸治代表の夢

18日のコントレイルは栗東・坂路を楽に駆け上がった
18日のコントレイルは栗東・坂路を楽に駆け上がった

◆第81回菊花賞・G1(10月25日・芝3000メートル、京都競馬場)

 今年の3冠最終戦、第81回菊花賞・G1は25日、京都競馬場の芝3000メートルで行われる。無敗の3冠牝馬誕生に続き、春の2冠馬コントレイルが84年シンボリルドルフ、05年ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗の3冠制覇を目指す。同馬を生産したオーナーブリーダー、ノースヒルズの前田幸治代表が偉業に挑む思い、その先の壮大な夢を語った。(取材・内尾 篤嗣)

 ―コントレイルは菊花賞で史上3頭目の無敗3冠がかかります。前田代表の今の気持ちは?

 「私たちの想像の遥か先をゆく馬で、楽々とやってのけるのではとさえ思います。親交の深い福永騎手が、『ずっとスターホースと巡り合いたいと思っていた』と夢を語っていましたが、私も弟(前田晋二オーナー)も同じ夢を生産者として馬主としても抱いています。矢作調教師も同じ気持ちで、『チーム・コントレイル』として、ビッグチャンスをつかみたいです」

 ―秋初戦の神戸新聞杯でコントレイルは馬なりで圧勝でした。レースを見た印象はどうですか。

 「大山ヒルズ(鳥取・伯耆町)で夏を無事に過ごし、栗東でも順調でした。道中は包まれる形になりましたが、直線でわずかに開いた隙間からスッと抜け出し、そこからほとんど追われることなく悠々と走っているように見えました。菊花賞に向けて大きな収穫を得たと感じました」

 ―春と比べてたくましくなったと思う点について。

 「体は少し大きくなっていますが、すらっとした美しいフォルムを維持しています。それでいて筋肉のバランスはさらに良化し、後肢の使い方も随分と上手になりました。折り合いがつき、鞍上の指示にも瞬時に反応できますから距離への不安は全くありません」

 ―成し遂げたい夢などがあれば教えてください。

 「『8冠の壁』を超える目標があります。無敗の3冠馬のシンボリルドルフ、ディープインパクトさえも到達できなかった域を切り開いてくれたらうれしいです」

 ―父の産駒の最高傑作への道を着々と歩んでいます。最後に意気込みを。

 「日本の競馬史はサンデーサイレンス、ディープインパクトの登場で大きく塗り替えられました。サンデーが亡くなった02年にディープは誕生し、そのディープが亡くなった19年にコントレイルはデビューしました。時代の転換期を示しているように思えます。まだまだ偉大な父を追いかける段階ですが、最高傑作となる可能性は十分あると思います。皆様の力強いご声援をお願いします」

〈集中した走り、息遣いもいい〉

 ○…この日、コントレイルは栗東のCWコースを1周してから坂路へ。落ち着いた様子で駆け、15秒平均のキャンターで済ませた。騎乗した金羅助手は「集中して走っていた。息遣いもいい感じ。先週、(福永)祐一さんに乗ってもらって競馬モードになっている」と上昇を感じ取る。

 ◆前田 幸治(まえだ・こうじ)奈良県吉野郡生まれ。アイテック株式会社代表取締役会長。趣味は日本画鑑賞、読書。生産馬で日本ダービーを3勝。13年キズナ、14年ワンアンドオンリーで連覇し、今年もコントレイルでV。他にもファレノプシス、ヘヴンリーロマンス、アーネストリー、トランセンドなど活躍馬多数。ノースヒルズグループでは通算重賞158勝(うちG1は34勝)。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請