英国から凱旋のグレート―O―カーン、2年ぶり新日リングで白星「オカダ、楽しみだなー」

海外武者修行から凱旋帰国し、岡倫之からリングネームを変更したグレート・O・カーン(右)はSHOにアイアンクローを食らわせ観客にアピール(カメラ・泉 貫太)
海外武者修行から凱旋帰国し、岡倫之からリングネームを変更したグレート・O・カーン(右)はSHOにアイアンクローを食らわせ観客にアピール(カメラ・泉 貫太)

◆新日本プロレス「G1クライマックス30」大会 ▽タッグマッチ30分1本勝負 〇ウィル・オスプレイ、グレート―O―カーン(12分36秒 足4の字固め)オカダ・カズチカ、SHO●(18日、東京・両国国技館、観衆2928人) 

 2年間の英国武者修行から凱旋(がいせん)したグレート―O―カーン(岡倫之=29)が「CHAOS」脱退を表明したウィル・オスプレイ(27)とのタッグでオカダ・カズチカ(32)、SHO(31)との一戦に臨んだ。

 16日のG1クライマックスAブロック最終戦でのオスプレイとオカダの大一番にマオスーツ姿で乱入。オカダをアイアンクロースラムでたたきつけ、オスプレイの勝利をアシストしていたO―カーン。

 オスプレイが立ち上げた新ユニット「THE EMPIRE(ジ・エンパイア)」の第1号メンバーとして、この日もチャイナ風のコスチュームに弁髪で大暴れ。絶叫してのモンゴリアンチャップ、顔面へのアイアンクローでSHOを攻め立てる。オカダにも顔面への低空ドロップキックなど強烈な打撃をたたき込み、パワー殺法を披露した。

 最後はオスプレイのガールフレンドの「スターダム」所属の女子レスラー・ビー・プレストリー(24)がロープ越しのドラゴンスクリューをSHOに決めたところをオスプレイが足4の字固めにキャッチ。

 救出に入ろうとしたオカダをO―カーンがアイアンクロースラムで排除すると、SHOはたまらずギブアップ。ジ・エンパイア組が初のタッグ戦で白星を挙げた。

 バックステージで「オカダ、楽しみだなー」と絶叫したO―カーン。アマチュアレスリングの猛者として、2015年10月にアマチュア格闘技10種目のタイトル奪取に成功。人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの大ファンとしても知ら、“世界最強のラブライバー”とも呼ばれてきた。

 中でも声優・三森すずこ(34)が演者を務める園田海未(そのだ・うみ)を「推しキャラ」と宣言。しかし、その三森は昨年4月にオカダと電撃結婚。「もう二度とピエロにならない。そう生きよう」とツイッターに投稿した上で英国武者修行に旅立っていた。

 参戦していた英団体・RPWでは無敗を誇ったO―カーン。大ファンだった三森さんを奪ったオカダへの恨み骨髄の逸材が185センチ、115キロの超大型レスラーとして、新日マットに帰ってきた。(中村 健吾)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請