飯伏幸太、SANADA撃破で史上3人目の連覇「僕は本当の神になる」…新日G1全成績

SANADAを下して昨年に続きG1クライマックスV2を果たした飯伏幸太(カメラ・泉 貫太)
SANADAを下して昨年に続きG1クライマックスV2を果たした飯伏幸太(カメラ・泉 貫太)

◆新日本プロレス「G1クライマックス30」大会(18日、東京・両国国技館、観衆2928人)

 東京五輪(延期)のため、今年は秋開催となったシングル最強決定リーグ戦の優勝決定戦が行われ、飯伏幸太(38)が記念すべき30回目の王者となった。

 これが史上初の3年連続優勝決定戦進出で蝶野正洋(57)、天山広吉(49)に次ぐ3人目の連覇を狙った飯伏が初優勝を狙うSANADA(32)のオコーナーブリッジの前にあと一歩まで追い詰められる場面もあったが、最後は必殺のカミゴェ2連発で3カウントを奪った。

 試合後、マイクを持った飯伏は「こんな時代にこんなにたくさん集まっていただいて本当にありがとうございます」と見守った観客に感謝した上で「僕は逃げない負けない、あきらめない、そして裏切らない。僕は本当の神になる」と堂々と宣言した。

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負

 〇DOUKI、タイチ、ザック・セイバーJr.、エル・デスペラード(10分34秒 体固め)後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI―HASHI●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇高橋ヒロム、鷹木信悟(11分54秒 TIME BOMB→片エビ固め)鈴木みのる、金丸義信●

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負

 〇棚橋弘至、ジュース・ロビンソン、ジェフ・コブ、マスター・ワト(9分12秒 テキサスクローバーホールド)ジェイ・ホワイト、KENTA、石森太二、外道●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇ウィル・オスプレイ、グレート―O―カーン(12分36秒 足4の字固め)オカダ・カズチカ、SHO●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇EVIL、高橋裕二郎(14分14秒 Scorpion Deathlock)内藤哲也、BUSHI●

 ▽「G1 CLIMAX 30」優勝決定戦・時間無制限1本勝負

 〇飯伏幸太=Aブロック1位(35分12秒 カミゴェ→片エビ固め)SANADA=Bブロック1位●

 ※飯伏が2連覇

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請