【秋華賞・敗者の弁】パラスアテナが4着 4角まくり勝負も3着に鼻差及ばず 坂井「やったと思ったけど…」

パラスアテナは見せ場十分の4着に終わった
パラスアテナは見せ場十分の4着に終わった

 ◆第25回秋華賞・G1(10月18日、京都・芝2000メートル、稍重)

 牝馬3冠の最終関門は3歳牝馬18頭によって争われ、松山弘平騎手が手綱を執ったデアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)が圧倒的な1番人気に応えて快勝。桜花賞、オークスに続き、秋華賞をデビューから5連勝で制して、史上初の無敗牝馬3冠を達成した。勝ち時計は2分0秒6。

 牝馬3冠はメジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)、アーモンドアイ(2018年)に続く、史上6頭目。

 1馬身1/4差の2着は10番人気のマジックキャッスル(大野拓弥騎手)、3着には9番人気のソルトフルート(藤岡康太騎手)が入った。3連単は4万4110円の好配当決着となった。

 坂井瑠星騎手(パラスアテナ=4着)「思ったより、ポジションが後ろになったけど、勝ち馬の後ろに付けられた。4コーナーでもう一度ハミを取って、直線ではやったと思ったけど…。能力はあると思います」

 長岡禎仁騎手(ミスニューヨーク=5着)「外枠でしたけど、位置はいいところで運べました。4コーナーで下がってくる馬がいて、ごちゃついたのがもったいなかった」

 幸英明騎手(オーマイダーリン=6着)「3、4コーナーでデアリングタクトの後ろに付いて、これなら、と思う手応えだったけど、最後は同じ脚いろになってしまった」

 田辺裕信騎手(マルターズディオサ=7着)「思った以上にいいスタートを切ってくれた。(ペースを)もっと落としたかったが、意外と追撃も来た。もともと桜花賞もオークスも馬場に泣かされたところがあった。本来はもっと短いところ(距離)だと思う」

 秋山真一郎騎手(ムジカ=8着)「スタートのロスが痛かった。最後もじりじりという感じ」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請