【オリックス】ドラ1ルーキー宮城大弥6回3失点粘投も打線が援護できず敗れる

2回2死一、二塁、源田壮亮に左前適時打を打たれた宮城大弥(右)(左は生還した山野辺)
2回2死一、二塁、源田壮亮に左前適時打を打たれた宮城大弥(右)(左は生還した山野辺)

◆パ・リーグ 西武3―2オリックス(18日・メットライフドーム)

 オリックスはドラフト1位ルーキーの宮城大弥投手(19)が6回3失点の粘投を見せたが、打線が援護しきれずに敗れた。プロ初先発だった4日の楽天戦(京セラドーム)以来、2度目の先発マウンドに立った左腕は初回を無失点に抑えたが、2回2死満塁から金子に左前へ2点適時打。さらに続く源田にも適時打を許して3失点した。

 しかし3回以降の4イニングをすべて3人斬り。6回102球でマウンドを降りたが、前回登板時の5回99球を上回り、1つ階段を上がった。宮城は「2回の失点してしまった場面は投げミスということもありますが、ボールが高かったと思います。3回以降はこれ以上点を取られないようにという思いで、全力で投げました。全体的にはしっかりとストライクも取れていたので、よかったと思います。それだけに2回の失点したところが悔しいです」と反省した。

 ただ中嶋監督代行は「もう十分なピッチングだと思います。6回を投げきったということも、すごく大きな事。もう十分。普通に、いいと思いますけどね。最初から言っているように、普通に戦力だと思いますので。ただ、じゃあすぐに6人の中に入ってくるのかという話なだけで、もう十分な戦力です」と好評価。前回の登板後と同様に、間隔を空けながら先発に組み込んでいく見込みだ。

 打線は2点を追う最終回にT―岡田の適時二塁打で1点差に迫り、なお1死一、三塁と一打同点の場面をつくったが、代打ジョーンズが三邪飛。続く小田も二飛に倒れて終戦した。指揮官は「最後、ねえ。どうにかなりそうになるんですけど、そこを越せないというのが現状ですので。これをどうやるかというのが。毎回言うようですけど、そこが課題だと思います」と攻撃陣の奮起を期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請