北島康介氏 年内活動停止の瀬戸大也に「水泳人生が終わったわけではない」

北島康介氏
北島康介氏

 競泳の大規模賞金大会、国際リーグ(ISL)に初参戦する「東京フロッグキングス(FK)」の北島康介GM(38)が18日に会見し、大会への意気込みを語った。創立2年目のISLは今季、新型コロナウイルスの影響を考慮してハンガリーのブダペストで集中開催。16日から11月10日まで予選リーグが行われ、10チームが4試合ずつを戦う。上位4チームによる準決勝が11月14日~16日、上位2チームの決勝が同21、22日に行われる。

 賞金総額605万ドル(約6億3767万円)の今大会。日本から「東京FK」へは主将の入江陵介(イトマン東進)、萩野公介(ブリヂストン)ら、代表クラスの実力者が24人参加する。国際大会の数が減っている中で、東京五輪へも、貴重な実戦の場となる。北島GMは「1つでも多くの勝利を求めてチームを作り上げてきた。高いレベルで結果を残してくれることを期待している。選手にとっても非常に有意義な数週間となる」と、話した。

 日本選手唯一のISL経験者で、本来ならエース格の瀬戸大也が、不倫問題による年内活動停止処分を受けて不参加となった。北島GMは「彼がリーグにかける思いは僕が一番強く感じていた。最後の最後まで連れて行く術(すべ)を考えて動いていたが、いなくなることで、チームの戦力には大打撃を受けた」と率直に語った。「彼の水泳人生が終わったわけではないので、今後も興味持ってもらえるようなチームにしたいし、また戦うことを願って、戻って来られるような場所をつくっておく、とは伝えた」とやりとりを明かした。

 

 ◆東京FKの予選リーグ日程は、以下の通り。

 ▼第1戦=10月24、25日

 ▼第2戦=10月30、31日

 ▼第3戦=11月5、6日

 ▼第4戦=11月9、10日

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請