【オリックス】ドラ1宮城大弥、6回3失点QSもプロ初勝利ならず「全体的には良かった」

2回2死一、二塁、源田壮亮に左前適時打を打たれた宮城大弥(右)(左は生還した山野辺)
2回2死一、二塁、源田壮亮に左前適時打を打たれた宮城大弥(右)(左は生還した山野辺)

◆パ・リーグ 西武―オリックス(18日・メットライフドーム)

 オリックスのドラフト1位ルーキー・宮城大弥投手(19)がプロ入り2度目の先発を果たし、6回5安打3失点でマウンドを降りた。

 初回を無失点に抑えた後の2回。1死から2連打で一、三塁とされた。2死までこぎつけたが、山野辺に死球を与えて満塁とすると、金子に左前へ2点適時打を許した。続く源田にも左前適時打されて、この回3失点。3回以降の4イニングをすべて3者凡退に斬っただけに、3回の集中打が響いた。

 リードを許しての降板でプロ初勝利はならなかったが、初のクオリティースタート(6投球回以上3自責点以下)で試合をつくれたのは収穫。前回登板を上回る球数(102球)、イニング数(6回)で着実なステップを刻んだ。

 宮城は「初めてのビジター球場ということもあり、少し緊張しながらマウンドに上がっていましたが、思っていた以上にストライクも取れましたし、立ち上がりはいい形で投げられたと思います。2回の失点してしまった場面は投げミスということもありますが、ボールが高かったと思いますし、1本目の2点タイムリーの後をなんとか抑えなければいけないと思います。3回以降はこれ以上点を取られないように、という思いで全力で投げました。全体的にはしっかりとストライクも取れていたので、よかったと思います。それだけに2回の失点したところが悔しいです」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請