早大開幕3連勝 「及第点」で70得点

早大は3連勝
早大は3連勝

 関東大学ラグビーは18日、対抗戦4試合とリーグ戦1試合が行われた。昨年度大学選手権優勝の早大は、日体大を70―5で下し開幕3連勝とした。

 今季初めて熊谷ラグビー場に観客を入れての開催で、2032人が観戦した。早大は前半2分、SO吉村紘(2年)のキックパスを受けたウィング槙瑛人(2年)が右中間に先制トライ。8分には自陣22メートルライン付近でキックをキャッチしてからのカウンターで、最後はNO8丸尾崇真(4年)が約25メートルを走りきった。前後半ともに5トライずつ。相良南海夫監督は「テーマに掲げたことを表現できた。80点くらい。及第点」と評価した。

 昨季日本一の原動力になったハーフ団が卒業し、SH小西泰聖、SO吉村の2年コンビが務める。コロナ禍で春の公式戦、夏合宿がなく、チームとしても対抗戦を通して成長している途中。NO8丸尾崇真主将(4年)は「ディフェンスは2戦目より良くなっている。アタックは仕留めきるチャンスを逃したので、そころはこだわってやっていきたい」と話す。

 3週連続の試合を連勝で終え、1週間空いて帝京大、筑波大と強敵との2連戦になる。相良監督は「横に選手がいるのでアレですけど…」と前置きし「しっかり(強度を)上げたトレーニングをしていきたい」と猛練習を予告していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請