【京都5R・2歳新馬】福永絶賛「これは走る」 グロリアムンディが鮮やかなデビューV

グロリアムンディ(左)が外から差し切り新馬戦を快勝
グロリアムンディ(左)が外から差し切り新馬戦を快勝

 10月18日の京都5R・2歳新馬(芝2000メートル=11頭立て)は単勝1番人気だったグロリアムンディ(牡2歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キングカメハメハ)が直線で突き抜ける快勝でデビューVを飾った。勝ち時計は2分5秒8。

 前半1000メートルが64秒6という遅い流れの中、道中は中団のインからの追走。大外に持ち出された直線では一頭だけ違う伸び脚を繰り出し、ラスト100メートルで先頭に立つと、最後までしっかりとした伸び脚で2着のダノンハイファイブに1馬身半差をつける完勝だった。

 騎乗した福永祐一騎手は「これは走る」と開口一番、素質を絶賛。「なかなかいい脚を使える。ちょっと楽しみな馬。次は重賞でもいいのでは」と高く評価した。大久保龍志調教師は「よかったですね。鞍上のジャッジもかなり高かったし、今後が楽しみ。年内にもう一度使えればと思います」と振り返っていた。

 全兄にキタサンブラックを持つ良血馬ネクサスハート(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎、父ブラックタイド)は8着だった。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請