張本勲氏、レイズ・筒香嘉智のPS不調に「形が一番悪い状態。形がしっかりしないと、なかなか打てませんよ」

張本勲氏
張本勲氏

 野球評論家の張本勲氏が18日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。

 番組では、レイズの筒香嘉智外野手のポストシーズン成績が13打数2安打で苦しんでいることを伝えた。

 張本氏は「形が一番悪い状態になっとるもんね」と指摘し、「まずバックスイングがね、開いて打つから。弓でも引いてから打つじゃないですか。急いでも80パーセントぐらい引いて打つんだけども、50パーセントぐらいで打ちに行っているからね。右足がステップした足がお尻にかかって開いとるから。あの強いちょっと手前で動く球をなかなか芯に当てられないんですよ。当てるバッターならまだいいけども、彼は強打だから。球に負けちゃダメなの」と問題点を挙げた。

 その上で「だけど今は腕だけで打っているから。いくら腕が強くても、アメリカの強い速い動く球をしっかり捕まえることが出来ない。早く直してもらいたい。バッターは形がしっかりしないと、なかなか打てませんよ」と打撃フォームの修正が必要だとした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請