運命の第7戦、レイズ・筒香嘉智は3戦連続ベンチスタート 勝てばWS進出、負ければ敗退…前日は代打安打

筒香嘉智(ロイター)
筒香嘉智(ロイター)

◆メジャーリーグ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦 レイズ(東地区1位・第1シード)―アストロズ(西地区2位・第6シード)=17日、サンディエゴ・ペトコパーク=

 レイズ・筒香嘉智外野手(28)が17日(日本時間18日)、ア・リーグ優勝決定シリーズ(LCS)第7戦のアストロズ戦(サンディエゴ)のスタメンを3試合連続で外れた。第4戦は「8番・指名打者」で先発して、PS初安打を放つなど4打数1安打だったが、第5戦以降はは再びベンチスタート。前日の第6戦では、9回に代打出場し、右前安打を放っていた。

 ポストシーズン(PS)に入ってからはなかなか出場機会に恵まれず、これで14試合で11度目のスタメン落ち。ヤンキースとの地区シリーズ第4戦から、LCS第3戦までは5試合連続で欠場する悔しさも味わった。第4戦は6試合ぶりに出番が巡ってきたが、3試合連続のベンチスタート。前日にヒットを放ったが、ラインアップには入らなかった。

 ここまで、対戦成績は3勝3敗。レイズが3連勝して一気の王手をかけたが、アストロズが意地を見せて第4戦から3連勝してタイに戻した。3連敗から3連勝で第7戦を迎えるのは、メジャーのPS史上2チーム目。勝ったチームがリーグ優勝でワールドシリーズ進出が決まり、負ければ今シーズンが終わる。運命の一戦の両軍のスタメンは以下の通り。

 【アストロズ】(先攻)

 1(中)スプリンガー、2(二)アルテューベ、3(指)ブラントリー、4(遊)コレア、5(三)ブレグマン、6(左)タッカー、7(一)グリエル、8(右)レディック、9(捕)マルドナド、投・マクラーズ=右

 【レイズ】(後攻)

1(右)マーゴー、2(二)B・ロー、3(左)アロザレーナ、4(指)メドーズ、5(一)崔志万、6(遊)アダメズ、7(三)ウェンドル、8(捕)ズニーノ、9(中)キーアマイヤー、投・モートン=右

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請