【広島】野村祐輔「右鎖骨下静脈血栓症除去術」で今季絶望…投手陣の故障と手術が相次ぐ

野村祐輔
野村祐輔

 広島は17日、野村祐輔投手(31)が16日に広島市内の病院で「右鎖骨下静脈血栓症除去術」を受けたと発表した。

 今季残り試合出場は絶望的となった。野村は15日の巨人戦で2回で降板した。球団は「コンディション不良」とし、翌16日に出場選手登録を抹消していた。

 今季は13試合6勝3敗、防御率4・58。広島では9月に大瀬良大地投手(29)が「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘切除・滑膜切除」、中崎翔太投手(28)も「右後上腕回旋動脈瘤切除術」を受けており、投手陣の故障と手術が相次いでいる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請