白鵬、11月場所出場へ順調に調整 早ければ20日にも「申し合いができればいいな」

11月場所に向けて調整を行う白鵬(右)=代表撮影=
11月場所に向けて調整を行う白鵬(右)=代表撮影=

 大相撲の横綱・白鵬(35)=宮城野=は17日、東京・両国国技館の相撲教習所で行われた合同稽古に参加。秋場所は右膝手術の影響で全休したが、この日は立ち合いの確認や四つに組む動きなどを繰り返し、11月場所(同8日初日・両国国技館)出場にむけて順調な調整を見せた。

 右膝の状態については「寒い日が続いていますが、なんとかこらえている」。冷えると患部がかたくなるといい、慎重な調整を続けいる。合同稽古は22日まで予定されているが、「出稽古の後半で申し合いができればいいなと思います」と、早ければ20日も相撲を取る稽古を再開させる意向を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請