【府中牝馬S】離して逃げたトロワゼトワルは4着 安田隆師「1800メートルは厳しい」

4着のトロワゼトワル(カメラ・池内 雅彦)
4着のトロワゼトワル(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第68回府中牝馬S・G2(10月17日、東京・芝1800メートル、重)

 8頭立てで争われ、7番人気のサラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎、父ディープインパクト)が北村友一騎手を背に直線で力強く抜け出し、3馬身差をつけて重賞初制覇を飾った。同馬はエリザベス女王杯(11月15日、阪神)の優先出走権を手にした。勝ち時計は1分48秒5だった。

 6番人気のシャドウディーヴァ(内田博幸騎手)が2着に続き、内から追い上げた最低8番人気のサムシングジャスト(松山弘平騎手)が3着だった。1番人気に支持されたラヴズオンリーユー(Mデムーロ騎手)は5着に敗れた。下位人気3頭での決着で、3連単は18万9020円の波乱だった。

 安田隆調教師(トロワゼトワル=4着)「最後に抜かれてしまったけど、よく頑張っている。1800メートルは厳しい。本来はパンパンの良馬場で、スピードを生かす競馬がいい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請