【府中牝馬S】サラキアが重賞初V 毎日王冠のサリオスに続き「姉の威厳を示せて良かった」と北村友

サラキアが重賞初制覇(カメラ・池内 雅彦)
サラキアが重賞初制覇(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第68回府中牝馬S・G2(10月17日、東京・芝1800メートル、重)

 8頭立てで争われ、7番人気のサラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎、父ディープインパクト)が北村友一騎手を背に直線で力強く抜け出し、3馬身差をつけて重賞初制覇を飾った。同馬はエリザベス女王杯(11月15日、阪神)の優先出走権を手にした。勝ち時計は1分48秒5だった。

 6番人気のシャドウディーヴァ(内田博幸騎手)が2着に続き、内から追い上げた最低8番人気のサムシングジャスト(松山弘平騎手)が3着だった。1番人気に支持されたラヴズオンリーユー(Mデムーロ騎手)は5着に敗れた。下位人気3頭での決着で、3連単は18万9020円の波乱だった。

 北村友騎手(サラキア=1着)「いい状態を維持していました。どちらかというと折り合いに気をつけなければいけないタイプですが、脚をとられるくらいの馬場だったので逆にリラックスして走れていました。位置取りは気にせず、リズム重視で競馬をしました。直線は(馬場が)いいところを通れたのもあるけど、一瞬しか脚が使えないタイプで坂を上がってから心配したが、最後までしっかり走りきってくれました。毎日王冠で弟(サリオス)がいい走りをしていたので、姉の威厳を示せて良かったです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請