名門・東海大硬式野球部員が寮内で違法薬物使用 無期限の活動停止に

東海大学野球部員の違法薬物使用による無期限活動停止に関し、会見を開いて謝罪する(左から)伊藤栄治野球部武長、山田清志・東海大学学長、内山秀一・教学部長
東海大学野球部員の違法薬物使用による無期限活動停止に関し、会見を開いて謝罪する(左から)伊藤栄治野球部武長、山田清志・東海大学学長、内山秀一・教学部長
東海大学野球部員の大麻所持発覚による無期限活動停止に関しての会見で、学内掲示の薬物乱用防止啓蒙ポスターを掲げる内山秀一・教学部長
東海大学野球部員の大麻所持発覚による無期限活動停止に関しての会見で、学内掲示の薬物乱用防止啓蒙ポスターを掲げる内山秀一・教学部長

 大学野球界の名門・東海大は、硬式野球部員の寮内での違法薬物使用が明らかになったため、同部の無期限の活動停止を決めた。17日、神奈川・平塚市の同大学湘南キャンパスで会見を開き、山田清志学長(65)が発表した。

 薬物は大麻とみられるもので、複数名が使用していた。今月9日に外部から大学宛に通報があり、調査委員会を設置して部員にヒアリング等を行った結果、16日に学生からの申し出により使用が確認されたという。活動禁止を決めたことで、同大学が所属する首都大学野球連盟のリーグ戦への出場も辞退した。

 同大学は、巨人の原辰徳監督、菅野智之投手の母校として知られ、全日本大学選手権で4度、明治神宮大会で3度優勝するなど輝かしい成績を残している。伊藤栄治硬式野球部長(53)は会見で「伝統ある野球部から、こういう事例が出たことを重く受け止めています。社会的にも大学にも、そしてOBにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と話した。

東海大学野球部員の違法薬物使用による無期限活動停止に関し、会見を開いて謝罪する(左から)伊藤栄治野球部武長、山田清志・東海大学学長、内山秀一・教学部長
東海大学野球部員の大麻所持発覚による無期限活動停止に関しての会見で、学内掲示の薬物乱用防止啓蒙ポスターを掲げる内山秀一・教学部長
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請