【広島】広島県立御調高とコラボ マツダスタジアムでALS啓発イベント

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の啓発のため、始球式を行った広島県立御調高校・角森巴海さん
ALS(筋萎縮性側索硬化症)の啓発のため、始球式を行った広島県立御調高校・角森巴海さん

 広島と広島県立御調(みつぎ)高は17日、広島・中日戦が行われたマツダスタジアムで、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の周知と啓発のためのイベントを行った。

 同校元教頭の長岡貴宣さんがALSを発症したことをきっかけに約3年間、難病支援活動を行ってきた同校生徒会などが企画。始球式に登板した生徒会長の角森巴海さん(3年)は「練習の時ほどじゃなかったけど良い方向に投げられた」と笑顔を見せた。

 その他、ALSを知ってもらうためのポスターが掲示されたり、Tシャツなど球団と学校のコラボグッズが販売された。収益は難病支援活動に充てられる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請