KENTA、G1最終戦で激突の内藤哲也を挑発「久しぶりの鉄也。バカチンが」

KENTA
KENTA

 新日本プロレスの最強シングル決定戦「G1クライマックス30」参戦中のKENTA(39)が17日までに自身のツイッターを更新。この日のBブロック最終戦(東京・両国国技館)で対戦するIWGPヘビーとインターコンチネンタルの2冠王・内藤哲也(38)を挑発した。

 これまでも、「3年B組金八先生」の武田鉄矢に模して、内藤を「鉄也」とからかい続けてきたKENTA。この日も教壇に立つ「金八先生」の顔を内藤にすげ替えたアイコラを貼り付けた上で「明日は久しぶりの鉄也。バカチンが」とドラマ中の名ゼリフを使って挑発した。

 17日の一戦はKENTAにとって、2月のIWGPヘビー戦での黒星のリベンジマッチ。内藤にとっても直接対決で敗れているEVIL(33)、SANADA(32)との三つどもえの優勝決定戦進出争いに勝ち残るため、絶対に負けられない一戦となっている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請