【箱根駅伝】今年の予選会は駐屯地を周回

箱根駅伝予選会コース
箱根駅伝予選会コース

 ◆第97回箱根駅伝予選会開催要項

 ▼日時、コース 10月17日午前9時35分スタート。東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内の滑走路(1周約2.6キロ)を周回するハーフマラソン(21.0975キロ)。

 ▼競技方法 全選手が一斉スタート。各校、10~14人の登録選手の中から10~12人が出場し、上位10人の合計タイムで争う。上位10校が本戦の出場権を獲得。関東学生対校の成績によるタイム減算(関東インカレポイント)は12年の予選会を最後に廃止された。

 ▼出場資格 19年1月1日から20年10月4日までに5000メートル16分30秒以内、1万メートル34分以内の公認記録を有する選手が10人以上いるチーム。

 ▼関東学生連合 予選会で敗退した大学から個人成績を中心に選考。1校1人に限定し、これまで本戦出場経験がない選手が対象。外国人留学生を除く。本戦ではチーム、個人ともに順位がつかないオープン参加。

 ◆コース 立川駐屯地内の滑走路(1周約2・6キロ)を周回するハーフマラソン(21・0975キロ)。9日に公認コース申請が承認されたため、記録は公認となる。例年は陸自立川駐屯地スタートで、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールのハーフマラソンで行われているが、今回はコロナ対策のため変更された。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請