【オリックス】山岡泰輔、6回2失点粘れず5敗目「勝たせる投球をしたかった」

◆パ・リーグ 西武2―1オリックス(16日・メットライフドーム)

 山岡が6回6安打2失点で5敗目を喫した。5回まで二塁を踏ませぬ好投。しかし打線が先制した直後の6回に栗山に逆転の2点適時二塁打を許し、「粘り切れなかったところ。調子自体がどうこうというよりも勝てるピッチャーになりたいし勝たせる投球をしたかった」と悔やんだ。

 チームは4連敗で6年連続の負け越しが決定。中嶋監督代行は「ネガティブな数字が並んでしまうが、どうやって前を向いていくかが大事」と力を込めた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請