福士蒼汰が初の医師役に挑戦…来年1月期テレ東系連ドラ「神様のカルテ」主演

スポーツ報知
医師役に初挑戦する福士蒼汰

 俳優の福士蒼汰(27)が来年1月期のテレビ東京系連続ドラマ「神様のカルテ」(曜日・時間未定)で医師役に初挑戦することが16日、分かった。

 現役医師の小説家・夏川草介氏のデビュー作が原作。長野県松本市の本庄病院に勤務する栗原一止(いちと)が「24時間、365日対応」の現場で患者の命に真摯(しんし)に向き合う。2011年、14年と櫻井翔主演で映画化された作品でドラマ化は初。1回2時間で4回という新しい形式の放送となり、福士も「ボリューム感があるので、メッセージの詰まった作品にしたい」と意気込む。

 栗原は夏目漱石を敬愛し、話し方も古風。医師ながらも周囲から変人扱いされる役どころだ。現在、フジテレビ系の主演ドラマ「DIVER―特殊潜入班―」(火曜・後9時)でダークヒーローの潜入捜査官を演じているが、初の医師役でまた新境地を開くことになる。福士は「まるでノンフィクションのようにメッセージ性の強い作品」と感じており「お話をいただいた時、とてもうれしかったです。難しさは計りしれませんが、医療についての知識や心構えを追求したい」と覚悟を持って撮影に臨む。

 原作の夏川氏も「長身、イケメンの主人公なら、私の周りの看護師たちも大いに喜んでくれます。ただ間違いなく『先生には似ていないわね』という見当違いのひと言が飛んできます」と喜んでいる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×