【東都大学準硬式野球】東洋大・橋爪が初登板初勝利

初登板を初勝利で飾った東洋大・橋爪
初登板を初勝利で飾った東洋大・橋爪

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦2部 東洋大10―0法大二=7回コールド(16日・あきる野市民球場)

 東洋大が快勝。2回、百合野稀平(2年=横浜隼人)の右越え3ランで先制すると3回に2点、6回には5点を加えてリードを広げた。投げては公式戦初登板の先発・橋爪椋生(2年=前橋南)が6回を被安打2、無失点の好投。7回は沢田大輝(3年=横浜隼人)が締めてコールド勝ちした。

 東洋大・橋爪椋生「公式戦初登板だったので朝から緊張していましたが、早い回から打って援護してもらったので、そこからはリラックスして投げることができました。次の試合も勝てるように頑張ります」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請