【札幌】初の鹿島戦ダブルだ…ルーカスフェルナンデス、再び“鹿狩り”を買って出る

練習中、キラーパスを出す札幌MFルーカスフェルナンデス(右)(左はFWドウグラスオリベイラ)
練習中、キラーパスを出す札幌MFルーカスフェルナンデス(右)(左はFWドウグラスオリベイラ)

 J1北海道コンサドーレ札幌MFルーカスフェルナンデス(26)が再び“鹿狩り”を買って出る。札幌は16日、宮の沢で鹿島戦(18日、札幌ド)へ向け練習。7月敵地戦(2〇0)では後半48分のダメ押し弾で貢献した背番号7は「自分らしいプレーをした上で連続得点も狙えたら」と意気込んだ。

 決定的な仕事で自信を取り戻す。左内転筋負傷から先発復帰した直近2戦(対湘南2〇1、対名古屋0●3)は得意のドリブルで随所に違いを生むも、「パフォーマンスを上げてもっと仕掛けたい」と納得していない。

 J公式戦2分け7敗と鬼門だったカシマスタジアムで初勝利の前回。右サイドからペナルティーエリア内に侵入し、2人をかわしての得点は真骨頂だった。鹿島からJ1で初の1年2勝を奪えば、チームに勢いも出る。「強敵相手には、ひとつのミスも許されない。(14位の)現状打破へ全員で戦う」とルーカス。サイド制圧から勝利を呼び込む。(川上 大志)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請