【楽天】手痛い敗戦で、自力CS消滅 三木肇監督「一戦一戦必死に戦うだけ」

7回無死、栗原陵矢の打球にリクエストを要求した三木肇監督(中)
7回無死、栗原陵矢の打球にリクエストを要求した三木肇監督(中)

◆パ・リーグ ソフトバンク7―3楽天(16日・ペイペイドーム)

 楽天は投打がかみ合わず手痛い敗戦となり、自力でのCS進出の可能性が消滅。今季のソフトバンク戦の負け越しも決まった。

 先発・塩見は初回1死から6連打を浴び、4点を献上。直後に腰部の痛みを訴え、大事を取って緊急降板した。2番手・酒居は0―4の2回に先頭・甲斐から左翼席へソロを被弾。3番手・宋家豪は2―5の3回無死一塁で松田宣に2ランを許した。

 打線はこの日1軍再昇格した下水流が今季1号ソロを含む2安打3打点と躍動。しかし序盤の大量失点が響き、勝利には結びつかなかった。

 三木監督は「いろんなものがシーズン終盤になってくると進んでいく。まだ何も確定していないわけですから、チームとしてみんなで明日からも一戦一戦必死に戦うだけ」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請