大阪泉大津が快進撃!…「第16回大阪阪南1年生親善大会」

初出場で4強入りした大阪泉大津ナインは笑顔
初出場で4強入りした大阪泉大津ナインは笑顔

◆第16回大阪阪南1年生親善大会 ◇中学1年生の部 ▽準々決勝 大阪堀江ボーイズ2―9大阪泉大津ボーイズ (11日・浜寺公園No2野球場ほか)

 「第16回大阪阪南1年生親善大会」の4強が決まった。堺初芝ボーイズは田代、廣瀬両投手の完封リレーで、堺中央Aとのホストチーム対決に勝利。大阪泉大津ボーイズ(いずれも大阪阪南支部)は打線が爆発し、5回コールド勝ちを決めた。

 大阪泉大津の勢いが止まらない。2回戦で逆転勝ちすると、3回戦では逆転サヨナラ勝利。ノリノリの打線は、準々決勝ではコールド勝ちを決めた。

 初回1死三塁から、毎日父親とトス打撃に励んでいるという米澤が「4番につなぐつもりで、無我夢中で振った。(父にも)感謝です!」と左前へ先制打。さらに久松の左越えへ2点二塁打や白井の中前タイムリーなどで、この回一気に5点を奪った。3点リードの5回には、村井、寺前の連打に相手ミスもあって4得点し、試合を決めた。

 打線ばかりに目がいきがちだが、3回から緊急登板した村井もヒーローの一人だ。3イニングを1安打無失点。二塁を踏ませぬ好投で勝利につなげ「心の準備はできていた。強い気持ちでゼロに抑えるつもりだった」と目を輝かせた。創部1年目でベスト4入り。ミラクル泉大津が、大会初出場初優勝に挑む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請