埼玉の線路脇に3日間座り込んだシカ、前脚骨折など重傷のため安楽死

シカが3日間座り込んでいた東武東上線の線路脇付近
シカが3日間座り込んでいた東武東上線の線路脇付近

 埼玉・滑川町の東武東上線の線路脇に、約3日間、動けずに座り込んでいたシカが16日、捕獲活動が行われたものの、けがの状態がひどく、その場で安楽死の措置がとられた。

 現場は同町の森林公園駅近く。東武鉄道によると、13日午前0時17分、シカ1頭が電車と接触した。その後、駅から数百メートル離れた線路脇に座り込んだと推測されるという。

 埼玉県などと連携して対応を検討し、この日午前1時6分に森林公園駅に終列車が到着後、捕獲作業を開始。同社や県の職員が参加した。

 県のみどり自然課によると、麻酔後に現場にいた獣医師が診断したところ、前脚骨折のほか、骨盤から後ろ脚にかけてまひが見られ、動かせない状態だったため、その場で安楽死の措置がとられた。野生のメスのニホンジカとみられる。

 同課は、線路脇にシカが居続けたのは「おそらく初めてのケース」と話した。東武鉄道によると、シカが座り込んでいたことによる運行への支障はなかったという。捕獲活動までの3日間は「シカに近づくことで、暴れ出して電車が止まってしまう恐れもあり、見守らせていただいた」と説明。同課は「野生動物を捕まえるには許可が必要な上に、今回は鉄道の敷地内ということで、入れる時間も限られている。野生動物は力が強いので、蹴られてけがをすることもある。段取りなどを慎重に進めた」とした。

 近所に住む30代男性は「イノシシやタヌキの目撃情報はたまに聞くが、シカは初めて」と驚いていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請