ノラ・ジョーンズ、「めぞん一刻」とびっくりコラボ 歌詞の女性像に音無響子さんと多くの共通点

「アイム・アライヴ」のMVで「めぞん一刻」とコラボしたノラ・ジョーンズ(C)Diane Russo
「アイム・アライヴ」のMVで「めぞん一刻」とコラボしたノラ・ジョーンズ(C)Diane Russo
人気漫画「めぞん一刻」のイラスト(C)高橋留美子/小学館【右】
人気漫画「めぞん一刻」のイラスト(C)高橋留美子/小学館【右】

 米女性歌手ノラ・ジョーンズ(41)が、新アルバム「ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア[デジタル・デラックス・エディション]」(16日配信)の収録曲「アイム・アライヴ」で、高橋留美子さんの人気漫画「めぞん一刻」とコラボレーションしたミュージックビデオ(MV)を制作したことが15日、分かった。日本の漫画とのコラボは初めてになる。

 コロナ禍のリリースにあたり、彼女が最も大切にした「生きる」というテーマを多くの日本のファンに伝えたい、と企画された。同曲は、それでも私は生きていると自分を鼓舞する応援歌。歌詞で描かれる葛藤を抱えながらも強く楽しく生きようとする女性像と、亡き夫から主人公の浪人生・五代裕作に移ろいゆく気持ちの葛藤を抱えたヒロイン・音無響子に共通点が多く、コラボが決まった。

 ノラ所属の名門ジャズレーベル、ブルーノート・レコードが「見る人を元気付けられる作品を」と希望し、公式MVとして制作。アパートの管理人を務める響子の目線で描かれ、住人との出会いの中で「生きる」意味を考え、五代に心を開いていく様子が漫画イラストで展開される。ノラは「私たちはいろいろなことを経験する。良いときもあれば、悪いときもある。『生きる』ってそういうもの。破滅や終わりではなく、人とのつながりを焦がれる気持ちだと思う」。高橋さんは「良い雰囲気で、個人的には懐かしく、またノラ・ジョーンズさんとのコラボは光栄です」と感激した。

 MVは16日午後8時から同レーベルの公式YouTubeチャンネルでプレミア公開される。

 ◆めぞん一刻 高橋留美子さんが1980~87年にビッグコミックスピリッツに連載した人気漫画。アパート「一刻館」の管理人・音無響子と浪人生・五代裕作を中心にしたラブコメ。

「アイム・アライヴ」のMVで「めぞん一刻」とコラボしたノラ・ジョーンズ(C)Diane Russo
人気漫画「めぞん一刻」のイラスト(C)高橋留美子/小学館【右】
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請