【日本ハム】3番・近藤健介が5安打4打点、4番・中田翔が3安打3打点の活躍で6カードぶり勝ち越し

スポーツ報知
2回1死満塁、中前2点打を放った近藤健介

◆パ・リーグ 日本ハム8―3西武(15日・札幌ドーム)

 日本ハムが中軸の活躍で6カードぶりに勝ち越した。

 3番・近藤が初回無死一、二塁から中堅フェンス直撃の2点二塁打を放つと、2回1死満塁では中前2点打。4、6、8回には左中間二塁打と4二塁打を含む5安打4打点の大暴れ。

 4番・中田も2回と6回にともに左前適時打と勝負強さを発揮。8回2死二塁では適時二塁打を放ち、打点をリーグ単独トップの99打点とした。

 5番・渡辺も4回に適時打を放つなど、中軸3人がチーム8打点すべてをたたき出した。

 援護をもらった先発・マルティネスも6回3安打3失点の好投で、7月8日のオリックス戦(京セラD)以来となる今季2勝目を挙げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請