ダイアモンド・ユカイ、8歳息子が浦和レッズ下部組織に合格できず…妻が号泣

ダイアモンド・ユカイ
ダイアモンド・ユカイ

 歌手のダイアモンド・ユカイ(58)が14日に自身のブログを更新。双子の息子の長男・頼音(らいおん)君(8)が、受験していた浦和レッズの下部組織に合格できなかったことを報告した。

 小学校3~6年生の男子が活動する「浦和レッズジュニア」の試験に参加。10日には、最初の難関である「1次セレクション」の通過を報告し「頼音は、本当に監督やコーチに恵まれている」と周囲のサポートに感謝したが、昨年と同じ2次審査で不合格となったことを明かした。

 「『わかっちゃいるがぁー悔しいっー!』と号泣する俺の妻」と、感情をあらわにする妻に対し、「頼音『ママ、悔しいのはわかるけど、また頑張ろうよ。』。親泣き過ぎて子が冷静…」と、頼もしい息子の様子を記した。

 ユカイは、女優・三浦理恵子(47)と4年間の結婚生活を経て01年に離婚。09年に一般女性と再婚し、「無精子症」による男性不妊治療を経て、10年に長女の新菜(ニーナ)ちゃん、翌年に双子の息子である頼音君、匠音(ショーン)君を授かった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請